SSブログ

更新 2018.09.22 [博物苑更新]

2018.09.22

DISCOGRAPHY - 2015-
 回=回 アウトテイク を追加

楽しかったですね、大阪公演…。

おかげさまで前回の青春小説が、
書いた本人も狼狽するほどの反響を頂戴しました。
お読みくださり、誠にありがとうございます。嬉しいです。

二曲しか語ってないとか、
後半に至っちゃゼブラすら話してないとか、猛省しまくりですし、
あのライブの魅力はもっと溢れてたぞ、などの
文筆及ばぬ力不足への思いはあります。

しかし、私がアレの後に何を語っても蛇足でしかないので、
東京公演へと気持ちを切り替えていきます。
今からホントに楽しみ。


さて、アウトテイク。
あー亜呼吸ユリア、こっちのアレンジたまらん。ぬあー。
ドヨンと苔むしたよな本採用アレンジも蒸し蒸ししてて好きですが、
三角波だかノコギリ波にレゾナンス当てた感じの、
ノイジーなシンセサウンド、耳障りで好き。

現象やホログラムのように
ボーナストラックとしてつける手法もありますけど、
本編終わりの余韻が途切れるのは少し残念な気がしてたので、
今回のアウトテイク配信に喜んでます。


去年の第9曼荼羅公演メモリアルカードのときと同様、
今回もディスコグラフィーで大阪公演の枠を作ると同時に、
東京公演の枠も設けました。
発表順が前後しますが、こちらの方が収まり良いので
あらかじめご了承ください。
…とかなんとか思ってたら「追加公演決定御礼配信」ですって。


---------
ここから先は、驚くべき余談ですが、
我が家の炊飯器。
パナソニックの一膳炊き鍋、SR-03GPを使ってます。
釜のテフロンが剥げてきたので買い替えどきかなーと思ってたら、
ニッチだったのが災いしたのか数年前に生産終了。
アイヤー。

台湾で電鍋として流通する同様商品を輸入しようか否か、
悩みながら、お焦げのできるご飯を食べてたら、
なんとパナソニックのインド子会社で生産が続いてた同炊飯器、
「パナソニックインド炊飯器事業30周年」を記念して
日本へと逆輸入決定の報道。うおおおおおおおおおお。
なんだこの熱い展開。

パナソニックがインドで炊飯器事業30周年 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan

パナソニック株式会社は、2018年9月、インドで炊飯器事業を開始してから30年を迎えました。




ミニクッカー SR-MC03 商品概要 | ジャー炊飯器 | Panasonic

ミニクッカー:SR-MC03●炊飯はもちろん、簡単な煮込み料理もできる レトロデザインのミニクッカー●スイッチひとつでシンプル操作 炊飯や煮込み料理も楽しめる●手のひらサイズで置き場所を選ばない「コンパクトサイズ」●調理の様子が見える「「ガラスふた」 お手入れ簡単「フッ素加工内なべ」




ようやく買い換えられる!と小躍りして喜んでます。
紫に見えるピンクが欲しい。


で。
「なんでこんな話題、苑でやってんの?」と
疑問の方もいらっしゃいましょう。そりゃそうだ。

実はこの炊飯器の前の機種、
去年あたりにマガゾフ社な四本さんが
ASCII.jpにて三回にわたり、詳細なレビュー記事を書かれてて。
「うおおお我が家の炊飯器いいい」と勝手に盛り上がり、
「なにい生産中止いい」と涙した思い出深い一品で。

アナログ技術の金字塔、パナソニックの一膳炊き鍋が最高だった

安くて、小さくて、美味しく炊けるので最高です。 (1/2)




パナソニック一膳炊き鍋は煮込みや熱燗もできる1人用の万能調理器

サイズが小さいので、デスクトップクッキングが成り立ちます。 (1/2)




パナソニックから東芝、そして台湾へ、一膳炊き鍋の変遷をたどる

パナソニックの一膳炊き鍋があまりに良いのでメーカーに製品について聞こうとしたらなんと生産終了でした......。 (1/2)





そんな思い出を込めて、インドから正規輸入・価格安定してる間に
しっかりと確保せねばならぬな、と決意する次第です。
安定供給めざしてみんなもアマポチだ。


パナソニック 1.5合 炊飯器 小型 ミニクッカー ホワイト SR-MC03-W

パナソニック 1.5合 炊飯器 小型 ミニクッカー ホワイト SR-MC03-W

  • 出版社/メーカー: パナソニック
  • メディア: ホーム&キッチン



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント